• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2014年12月16日

河川海岸班 河川

北部管内には、特に県民生活に重要な26水系40河川が県知事管理の2級河川に指定されています。
近年は、河川の生態系に配慮した「多自然川づくり」が進められています。

「多自然川づくり」とは

  1. 自然が持つ多様性を遵守すること。
  2. 自然条件を規定する良好な水辺と水環境を保全かつ創出すること。
  3. 生態系が孤立しないよう水と緑でネットワークすること。

など、単なる自然保護ではなく積極的に自然を再生しつつ水辺づくりを進めるという考えを基調としています。

親水性に配慮した川づくり

屋部川(名護市)

事業概要

全体改修区間 L=3,250m
事業年度 昭和49年度~平成26年度
全体事業費 6,886百万円
進捗率 90%(H24.3現在)

水辺に親しみやすいように緩傾斜護岸の整備を行っています。

屋部川の景観
屋部川の景観

西屋部川(名護市)

事業概要

全体改修区間 L=1200m
事業年度 平成13年度~平成31年度
全体事業費 3,765百万円
進捗率 57%(H26.3現在)

多自然川づくりを進め、瀬と淵の再現の整備を行っています

西屋部川の景観(平成22年)
西屋部川の景観(平成22年)

西屋部川の景観(平成26年)
西屋部川の景観(平成26年)

真喜屋大川(名護市)

事業概要

全体改修区間 L=930m
事業年度 平成13年度~平成28年度
全体事業費 1,470百万円
進捗率 71%(H26.3現在)

川幅を広げて流速を軽減し治水力を高めていきます。
暖勾配で魚類の遡上を促し、水際植生や生き物の生息環境を整え多自然川づくりを行っています。

真喜屋大川の景観(平成22年8月)
真喜屋大川の景観(平成22年8月)

我部祖河川(名護市)

事業概要

全体改修区間 L=3,370m
事業年度 昭和56年度~平成29年度
全体事業費 5,825百万円
進捗率 76%(H26.3現在)

我部祖河川は名護岳を源とし、伊差川、振慶名、我部祖河、呉我へと流れ、羽地内海に注ぐ流域面積13.66K㎡、指定延長3700mの2級河川です。
我部祖河川沿いにある住宅、道路等への洪水被害を防止するため河川を拡幅し、自然の川のように瀬や淵が形成される川づくりを進めます。

我部祖河川の景観(平成22年8月)
我部祖河川の景観(平成22年8月)

ゆたかな河川環境を再生するために<事例>

本事業では、生態系の保全・再生を考慮して、河岸防護対策として河床に変化を与える水制工を設置し、侵食されている河岸を守るとともに、水制の先端部に淵が形成され生物の生息環境が生まれました。また水制背後の護岸には、植物と石材を用いた伝統工法の「段柵工」を採用し、粗朶や感潮帯に生息するマングローブ等の成長で安定した河岸の形成を図りました。

大保川(大宜味村)

水制工を設置することにより、生物の生息環境が生まれました。

大保川の景観と、生息する生き物

 

お問い合わせ

土木建築部北部土木事務所河川海岸班

〒905-0015 沖縄県名護市大南1-13-11 沖縄県北部合同庁舎2階、3階

電話番号:0980-53-1718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?