• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年7月11日

海邦養秀ネットワーク構築事業 / Kaiho Yoshu Network Building Program

  海邦養秀ネットワーク構築事業は、沖縄県の若い世代を海外に派遣し、国際感覚に富む人材を育成するとともに、現地の県系人、特に若い世代との交流を通して相互の絆の強化に努め、派遣先国の県系人社会の活性化を図ること等により、「ウチナーネットワーク」の継承及び発展に資することを目的としています。(外部サイトへリンク)

 (第4回世界のウチナーンチュ大会を機に創設。平成23年度までは「ホストファミリーバンク事業」の名称で実施)  

The Kaiho Yoshu Network Building Program promotes international understanding between Okinawa and Okinawan communities overseas. By sending young Okinawans on homestays with communities of Okinawan descent overseas (kenjinkai), the program deepens friendships and aims to educate the next generation who will be responsible for, and continue, the "Uchina Network".

(This program was started on the occasion of the 4th Worlwide Uchinanchu Festival, and was conducted under the name of "Host Family Bank Program" until 2011.)

平成30年度カリフォルニア派遣 第1回事前研修を行いました!

7月7日に第1回事前研修を行いました。初めての顔合わせで、最初は緊張している様子の皆さんでしたが、ゲームやワークショップをするうちにすっかり仲良くなったようです。

事前課題の発表では、それぞれの個性があり、ただ調べた事実を発表するだけではなく、自分の考えや想いを述べる姿に事務局はとても感心しました。

また、「自ら進んで手をあげる」「気になったことは聞いてみる」といった姿勢も見られ、沖縄の代表としてカリフォルニアに行くという気持ちが強いということもわかりました。

次回は宿泊研修です。今回の研修で、思い残したこと、もっと改善できたことをそれぞれ考えて、次回も頑張りましょう!

July 7th was the our first pre-workshop. The participants seemed nervous about meeting everyone for the first time, but it seems they got to know one another over the course of the workshop with the help of icebreakers.The organizing committee was very impressed with all of the presentations that were assigned previously; each presentation was unique, and did not simply present information, but also the thoughts and feelings of each presenter.It was also reassuring to see active participation and initiative from everyone, and a sense of responsibility as representatives of Okinawa going to California.
Next is the overnight workshop! Let's reflect on what we can each do to improve, and work together the next time we meet. 

 

【第1回事前研修の様子】

 

平成29年度海邦養秀ネットワーク構築事業について

  平成29年度は、下記の通り事業を実施しました。

派遣先 アルゼンチン共和国(在亜沖縄県人連合会)

日程  平成29年8月14日~8月29日(現地滞在期間は15日~27日)

参加者 県内高校生5名、県内大学生5名 計10名

The 2017 Kaiho Yoshu Netork Building Program was conducted as follows.

Location: Argentine Republic (Argentina Okinawa Kenjinkai/ Centro Okinawense en Argentina)
Dates: August 14-29, 2017 (duration of visit: August 15-27)
Participants: 5 local Okinawan high school students, 5 local Okinawan university students, total 10 students

集合写真

主なプログラムは以下のとおり

    ○ 一世へのインタビュー
    ○ 初期移民伝統家業(クリーニング業、花卉業)訪問
    ○ 日系新聞ラプラタ報知訪問
    ○ 日亜学院訪問、交流
    ○ 沖連会主催こどもの日のお祝いに参加
    ○ スポーツ交流、アルゼンチン料理ワークショップ
    ○ 沖留会(元沖縄県費留学生、ウチナージュニアスタディー参加者等)交流会
    ○ ボカ地区等視察(歴史学習)
    ○ 沖連会館にて大送別会 等

Main programs were as follows:

 - Interview with 1st generation emigrants
 - Visiting traditional 1st generation emigrant businesses (Dry cleaning and floral industry)
 - Visiting Japanese language newspaper La Plata
 - Visit and exchange with Japan-Argentine School
 - Participating in Children's Day celebrations hosted by Argentina Okinawa Kenjinkai
 - Sports exchange, Argentinian cooking workshop
 - Exhange with OkiRyu-Kai (former Kempi scholarship, Uchina Junior Study, et al. participants)
 - Visiting La Boca neighborhood (history workshop)
 - Farewell party at Argentina Okinawa Kenjinkai Building, etc.

沖留会との交流ボカ地区

 エイサー別れ

10名の参加者達は、学んだことすべてを吸収しようとする非常に意欲的な態度でこのプログラムに臨んでくれました。

彼らは、アルゼンチンで得た何物にも代えがたい経験と、現地の方々と育んだ強い絆を基礎として、今後多くの県民をウチナーネットワークに繋げるリーダーとして活躍してくれることでしょう。

現地での様子やその後の彼らの活躍については、以下の写真集のほか、ブログ、フェイスブックページをご覧ください!

The 10 participants were enthusiastically engaged in the program, determined to absorb everything they learned.

We hope they will become leaders that will connect the people of Okinawa Prefecture and the Uchina Network, using the once-in-a-lifetime experience of their stay in Argentina as well as the deep bonds that were formed with the local Uchinanchu.

Please take a look at the photo allbum below, as well as the program blog and Facebook page for more information about the students' experience in Argentina and their activities after the program!

 海邦養秀ネットワーク構築事業写真集(PDF:2,903KB)

 

加者による現地活動日誌はこちら(外部サイトへリンク) Participants' program log

 

facebook「¡海邦養秀ネットワーク構築事業メンバー集まれ!」(外部サイトへリンク)

平成28年度海邦養秀ネットワーク構築事業について

平成28年度は、下記の通り事業を実施しました。

派遣先 ペルー共和国(ペルー沖縄県人会)

日程  平成28年8月16日から8月31日まで

参加者 県内高校生5名、県内大学生4名、県外大学生1名(県出身者) 計10名

参加者による現地活動日誌はこちら(外部サイトへリンク) Participants' program log

 

The 2016 program was conducted as follows.

Location: Republic of Peru (Peru Okinawa Kenjinkai)
Dates: August 16-31, 2016
Participants: 5 local Okinawan high school students, 4 local Okinawan university students, 1 university student from another prefecture (originally from Okinawa), total 10 students

kenjinkaikan

 

 launion

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部交流推進課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟5階(南側)

電話番号:098-866-2479

FAX番号:098-866-2960

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?