• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 観光 > 統計・データ・その他刊行物等 > 関連情報 > 平成19年7月入域観光客統計概況(平成19年8月23日公表)(数値データファイルを一番下に添付しています。)

ここから本文です。

更新日:2016年6月9日

平成19年7月入域観光客統計概況(平成19年8月23日公表)(数値データファイルを一番下に添付しています。)

                                                                                                                   
入域観光客統計概況  
-平成19年7月分-  
 
                                                                                                             
  7月の入域観光客数は、477,600人。前年同月比は+3.5%(+16,300人)で、同月としては過去2番目の記録となった。
4月~7月の入域観光客数の累計は、1,790,500人。前年度同期比は+3.1%
(+53,600人)で、同期間の過去最高の記録となった。
 
   
   
   
   
 
 
  1.国内外別入域状況
 
 
  国内 453,600   前年同月比 1,000   0.2 %)  
  海外 24,000   前年同月比 15,300   175.9 %)  
    合計 477,600   前年同月比 16,300   3.5 %)    
 
     
  2.主要航路別入域状況      
     
  東京     233,600   前年同月比 7,400   3.3 %)   構成比 48.9  
  関西方面 89,900   前年同月比 1,300   1.4 %)   構成比 18.8  
  (内訳)   伊丹   26,300   前年同月比 4,200   13.8 %)   構成比 5.5    
  関西   37,300   前年同月比 4,400   10.6 %)   構成比 7.8  
  神戸   26,300   前年同月比 7,300   38.4 %)   構成比 5.5  
  福岡方面 50,300   前年同月比 1,700   3.3 %)   構成比 10.5  
  (内訳)   福岡   47,900   前年同月比 1,400   2.8 %)   構成比 10.0    
  北九州 2,400   前年同月比 300   11.1 %)   構成比 0.5  
  名古屋   38,700   前年同月比 300   0.8 %)   構成比 8.1  
                               
 
  3.概況と見通し
 
 
  国内客については、台風4号の影響によるキャンセル等があったものの、航空会社の新規路線の開設や増便があったことにより、前年並実績を維持した。
外国客については、定期クルーズ船の運航再開、台湾の航空会社の沖縄路線の販売強化の継続等により、前年実績を大幅に上回った。
 
   
   
   
     
  今後の見通しとしては、国内客については、家族連れや若年層を中心に予約が好調であることから、堅調に推移するものと見込まれる。
外国客については、海路では、台湾からのクルーズ船の定期運航に加え、不定期のクルーズ船の寄港も予定されていることから、好調に推移するものと見込まれる。空路についても、台湾、韓国、中国からのチャーター便運航が予定されているため、順調に推移するものと見込まれる。
なお、8月20日に発生した中華航空機炎上事故については、幸いにも乗客に死傷者が出なかったこと、台湾では沖縄旅行のキャンセル等が発生していないことなどから、今後の沖縄観光全体への大きな影響はないとみられる。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
     
 
  担当:観光企画課 三和  
  TEL 098-866-2763  
  FAX 098-866-2767
 
 
(財)沖縄観光コンベンションビューロー及び県各事務所のコメント(要旨)  
 
  1.国内  
 
  東京事務所(関東地区)  
  ○ 航空会社の増便にともなう提供座席数の増加や、夏休みに入っての観光客数が好調であったため、前年実績を上回った。
○ 夏休みは好調に推移するものと見込まれるが、夏休み明けの秋以降、北海道方面が好調なことから、沖縄方面への影響の可能性がある。
 
   
   
   
   
 
  大阪事務所(関西地区)  
  ○ 旅行代理店等の集客は前年並であったが、台風4号の影響による欠航、キャンセルがあり、前年実績をわずかに下回った。
○ 8月中旬から9月にかけて、若年層を中心に予約状況が前年を上回っており、また、7月から神戸-那覇、神戸-石垣の新路線が開設されたことなど、航空会社の増便もあるため、好調に推移するものと見込まれる。




 
   
   
   
   
 
  福岡案内所(福岡地区)  
  ○ 台風4号の影響による欠航、キャンセルが多かったこと、大分-那覇線が廃止になったことにより、前年実績を下回った。
○ 8月は中旬頃まで家族連れを中心に好調に推移している。また、若年層が夏休みを8月から、旅行代金の安くなる9月に移行する傾向があり、順調に推移していくものと見込まれる。
 
   
   
   
   
 
  名古屋情報センター(名古屋地区)  
  ○ 台風4号によるキャンセルが発生したものの、航空会社から旅行会社への座席販売の働きかけが強化されたこと、午前中の利用しやすい時間帯に大型の航空機材が投入されたことにより、搭乗率が上昇した結果、前年実績を上回った。
○ 8月以降はファミリー層の予約が前年を上回っている。9月は低価格商品の販売が期待される。
 
   
   
   
   
 
  2.海外  
 
  台北事務所(台湾)  
  ○ 7月からスタークルーズ社の台湾-沖縄クルーズの定期運航が再開されたことにより、海路客が大幅に増加した。また、空路も、航空会社との連携による“沖縄リゾートショッピング共同プロモーション”が継続されていること及び“統一パック商品”の販売が好調であることにより、前年実績を上回った。
○ スタークルーズ社の台湾-沖縄クルーズは10月頃まで運航が予定されており、また、9月、10月は高雄からのチャーター便も予定されているため、順調に推移するものと見込まれる。
 
   
   
   
   
   
 
  韓国事務所(韓国)  
  ○ 家族連れなどの個人旅行が順調に増加していることに加え、パッケージ商品の販売も好調であったことから、前年実績を上回った。
○ 8月は、航空会社の運航曜日が変更になった影響や、ホテル手配が困難となる課題があるものの、家族連れなどの個人旅行が着実に増加しているため、前年並の実績が見込まれる。9月は、5日間の旧盆連休があり定期便の集客も順調なうえ、9月末から10月にはチャーター便の運航も予定されていることから、好調に推移することが見込まれている。
 
   
   
   
   
   
 
  上海事務所(中国本土)  
  ○ クルーズ船「コスタ・アレグラ号」の寄港等により、海路客が大幅に増加した。
○ 空路では、8月、9月はツアーや社員旅行が予定されているほか、9月、10月には双方向チャーター便が予定されている。また、海路では、10月にクルーズ船「コスタ・アレグラ号」の寄港が2便予定されているため、好調に推移するものと見込まれる。
 
   
   
   
   
                                                                                                                   

H19-7kouhyou3.xls(エクセル:101KB)
↑グラフ等はこちら

H19-7gaikyou3.pdf(PDF:353KB)
↑印刷用(6ページ)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部観光政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2763

FAX番号:098-866-2767

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?