ニオウシメジの露地栽培方法
 
1.用意する物
  次のような物を用意してください
   @ニオウシメジの菌床培地
   A鹿沼土、腐葉土、赤玉土
   Bススキの葉
   C寒冷しゃ
   Dカッタ−ナイフ
   E仕切板
   Fスコップ
   G水
   H日よけ用の網
 
 
2.菌床培地の大きさ
  ニオウシメジの菌床培地は、図−1のように、直径10cm、高さ18cmの
 円筒形をしています。











 
菌床培地の規格










 
培地 実際の写真










 
 
 
3.発生床作り
 (1)発生床の位置
    日陰で、風通しがあって、排水のよい所に作ります。
 (2)発生床の大きさ
    発生床の大きさは、埋め込むニオウシメジの菌床培地の個数で決まります。
   菌床培地は、密着させて植え込むようにします。
    3〜4cmの覆土をします。底にも3cm程度の敷土をします。
   仕切板から10cm程度離すようにします。
仕切板設置










 
 例えば、15個の菌床培地を縦に3個、横に5個を、縦置きで植え込む場合、縦:50p、横:70p、深さ:約25pの大きさの穴を掘ることになります。
 菌は成長すると四方に広がって行き、ぶつかったところで発生する性格を持っています。ですから、木枠という障害がなければ、植えた場所以外の思わぬ所で発生したり、雑菌と遭遇して死滅する可能性もあるからです。
 すくすく育つ温床を作ってあげるためです。                    

※周辺が、強固な土壌であれば、枠の必要性はなくなります。
 
 
 (3)仕切枠内に寒冷しゃを敷く
寒冷しゃを敷く













 

この作業は省いてもかまいません。次のようなことまで、考える必要性が出てきたときのためです。

@ミミズが、多く生息する。(ミミズは、夜間くね跳ねて侵入してきます)
Aネコの侵入防止(ネットに爪が引っかかる)
Bナメクジの侵入防止(ネットで被ってしまえば、侵入できない)
C後かたづけが楽(ネットごと引っ張り出せるので、新しくニオウシメジを植え込む場合は、次の作業が楽になる)


 
 
 
4.菌床培地の植え込み
 (1)土作り
土混合の様子









 
 菌床培地そのものに栄養分が含まれていますが、ニオウシメジは酸素を好む菌であり、より活動を活発化させるために、栄養分の補給と、通気性と保湿性をもった土壌環境を作ってあげましょう。
 もう一つの理由は、元々その場にあった土には、雑菌がウジャウジャいる可能性があるためです。
 住み良い環境を整えてやれば、その後侵入してきた雑菌との決戦に備えて体力を温存することができるためです。

※ニオウシメジ菌はどうも砂には馴染まないようです。
 
(写真)
完熟腐葉土1:赤玉土2:鹿沼土1で混合

 
 
 
 
                      ページ|ページページ
やまあっちゃー塾に戻る