沖縄県
google
分野別で探す 県民ハンドブック 組織で探す 知事のページ リンク ENGLISH サイトマップ ヘルプ
県民ハンドブック・ロゴ

4. 母・子ども

 

親子健康手帳(母子健康手帳)の交付を受けるには

 親子健康手帳は、妊娠時の経過、出産の状態、生まれたお子さんの発育経過などを記録するものです。また、妊娠や育児についての情報や医療制度なども載っており、健康記録として重要なものです。大人になっても必要なものなので、大切にしましょう。
 妊娠したときは、市町村役場に妊娠届出を提出し、親子健康手帳の交付を受けましょう。

問い合わせ先 ●各市町村役場

 

ファミリー・サポート・センターについて

 ファミリー・サポート・センターとは、育児の手助けをして欲しい方と、育児の手助けをしたいと思っている地域の人同士が会員となって行う有償ボランティアのしくみです。
 子どもの一時預かりや保育施設への送迎などの育児支援等を行っています。
 詳細につきましては、お住まいの市町村のファミリー・サポート・センターまでお問い合わせください。

問い合わせ先 ●沖縄市ファミリー・サポート・センター  TEL:098-921-1234
●宮古島市ファミリー・サポート・センター TEL:0980-73-1332
●那覇市ファミリー・サポート・センター  TEL:098-857-8991
●名護市ファミリー・サポート・センター  TEL:0980-53-3926
●うるま市ファミリー・サポート・センター TEL:098-972-6229
●浦添市ファミリー・サポート・センター  TEL:098-870-0073
●豊見城市ファミリー・サポート・センター TEL:098-850-0143
●宜野湾市ファミリー・サポート・センター TEL:098-893-4411(内線458・461)
●北谷・嘉手納・北中城ファミリー・サポート・センター TEL:098-989-9763
●糸満市ファミリー・サポート・センター  TEL:098-992-4228
●南風原町ファミリー・サポート・センター TEL:098-889-3327
●石垣市ファミリー・サポート・センター  TEL:0980-87-0655
●八重瀬町ファミリー・サポート・センター TEL:098-998-4000
●粟国村ファミリー・サポート・センター  TEL:098-988-2045
●南城市ファミリー・サポート・センター  TEL:098-882-8861
●与那原・西原・中城ファミリー・サポート・センター TEL:098-988-1914
●やんばる町村ファミリー・サポート・センター TEL:0980-43-0232
●竹富町ファミリー・サポート・センター  TEL:080-8385-4673

 

妊娠中の健康状態のチェックを受けるには

 妊娠中の母体と胎児の定期的な健康診断はとても重要です。
 妊婦の方は妊娠中に14回、医療機関で問診・診察・尿検査・超音波検査(8回)等の健康診査を公費によって受けられます。母子健康手帳(親子健康手帳)に差し込まれている「妊婦健康診査受診票」を産科医療機関または助産院の窓口にお出しください。なお、里帰り出産等で、県外で妊婦健診を受けられる場合は、住所地の市町村窓口にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先 ●各市町村母子保健事業担当課

 

助産施設を利用するには

 助産施設は、妊産婦が保健上必要があるにも関わらず、経済的な理由から産婦人科へ入院して出産をすることができない場合に、入院し助産を受けることができる施設です。県内では県立及び私立病院の産婦人科など11か所が助産施設として指定されています。
 利用申し込みは、希望者の住所を管轄する福祉事務所で行います。決定にあたり家庭の状況や経済状況の確認調査があります。また、利用するときには、利用者の経済状況に応じて出産費用の一部を負担金として支払っていただきます。

問い合わせ先 各福祉保健所
●各市福祉事務所
●県青少年・児童家庭課 TEL:098-866-2174 FAX:098-868-2402

 

妊娠高血圧症候群等療養援護費を受けるには

 妊娠高血圧症候群等にかかり7日以上入院した妊産婦に対し、妊娠高血圧症候群等療養援護費支給対象認定基準に該当する者についてその療養に要する費用の一部を所得に応じて支給します。
 なお、援護費は入院期間が21日を超える場合は21日を限度とします。
 また申請は、入院による医療が終了した日以降30日以内、入院期間が21日を超える場合には、入院した日から起算して21日目以降30日以内の申請が必要となります。

問い合わせ先 各福祉保健所

 

新生児の先天性代謝異常検査を受けるには

 フェニールケトン尿症などの先天性代謝異常及び先天性甲状腺機能低下症は、非常にまれな病気ですが、放っておくと精神発達遅滞や心身障害等の症状をきたします。ただし、早期発見、早期治療により、障害の発生を防止することが可能です。
 検査は、出産した医療機関で、生後5日〜7日の赤ちゃんの足の裏から少量の血液を採り、検査機関に送付することにより行われます。
 検査料は無料ですが、採血料は保護者負担になります。

問い合わせ先 各福祉保健所及び那覇市保健所
●県健康増進課 TEL:098-866-2209 FAX:098-866-2289

 

乳幼児健康診査を受けるには

 乳幼児期の疾病、または異常の早期発見をはかるため、各市町村では医師の診察や保健師等の相談、指導が受けられる集団健康診査を無料で実施しています。
 また、必要に応じ、専門機関での精密健康診査が受けられます。

  1. 乳児健康診査
     生後3ヶ月〜12ヶ月の間に2回、公費による健康診査並びに育児に関する相談を受けることができます。
  2. 1歳6ヶ月児健康診査
     1歳6ヶ月を超え、満2歳に達しない幼児を対象に、身体と心の発達状況を診る健康診査(内科診察、精神発達状況等)と、歯科健康診査並びに育児に関する相談を行っています。
  3. 3歳児健康診査
     3歳を超え、満4歳に達しない幼児を対象に、身体と心の発達状況を診る一般健康診査(内科診察、視力検査、聴力検査、尿検査、精神発達状況、歯科健康診査並びに育児に関する相談)を行っています。
問い合わせ先 ●各市町村保健事業担当課

 

保健師等による訪問指導を受けるには

 妊産婦や新生児あるいは未熟児、小児慢性特定疾患児等の保護者を対象に、保健師または助産師が電話や訪問により個別に保健指導を行っています。

問い合わせ先 ●各市町村保健事業担当課
各福祉保健所及び那覇市保健所

 

こども医療費助成を受けるには

 こどもの医療を受ける環境を整えることにより、病気の早期発見・早期治療を促し、こどもの健全な発育を図ることを目的に、入院については中学卒業、通院については4歳未満までのこどもの医療費の助成を各市町村で実施しています。
 助成額は、各保険診療による医療費の自己負担分から、附加給付金、高額医療費、保険適用外負担金を除いた額になります。対象年齢も市町村によって異なることがあります。

問い合わせ先 ●各市町村こども医療費助成主管課
●県健康増進課 TEL:098-866-2209 FAX:098-866-2289

 

未熟児養育医療の給付は

 生まれたときの体重が2,000グラム以下の赤ちゃん、または、身体機能が未熟なため入院を必要とする未熟児に対して、指定養育医療機関における医療費を市町村が公費で負担します。なお、所得に応じて一部自己負担があります。
 医療給付を受けるには、申請手続きを各市町村の窓口で行う必要があります。

問い合わせ先 ●各市町村未熟児養育医療主管課
●県健康増進課 TEL:098-866-2209 FAX:098-866-2289

 

身体に障害がある児童に対する自立支援医療費(育成医療)の給付は

 身体に障害のある18歳未満の児童や現存する疾患を放置すれば将来障害を残すと認められる児童で、比較的短期間に障害が改善あるいは軽減する見込みのある児童に対し、必要な医療の給付を行っています、対象となる疾患の障害区分は、次のとおりです。

  1. 肢体不自由によるもの
  2. 視覚障害によるもの
  3. 聴覚・平衡機能障害によるもの
  4. 音声・言語・そしゃく機能障害によるもの
  5. 内臓障害によるもの(心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸及び小腸機能障害を除く内臓障害については先天性のものに限る)
  6. 免疫の機能障害

 ただし、所得制限があり、収入に応じて一部自己負担があります。
 医療給付を受けるには、申請手続きを保健所で行う必要があります。

問い合わせ先 ●各市町村育成医療主管課

 

小児慢性特定疾患医療費の公費負担を受けるには

 小児がん、小児ぜんそくなどの小児慢性特定疾患は、その治療が長期間にわたり医療費の負担も高額となります。
そのため、児童が安心して治療を受けられるように指定医療機関における医療費を公費で負担します。なお、申請・相談は居住地を管轄する各福祉保健所で行います。対象疾患は次表のとおりです(対象患者の認定については、基準告示に従い、適正に認定)。ただし、保護者の所得により、一部自己負担があります。
対象疾患
●悪性新生物

●慢性心疾患

●糖尿病

●神経・筋疾患
●慢性腎疾患

●内分泌疾患

●先天性代謝異常

●慢性消化器疾患
●慢性呼吸器疾患

●膠原病

●血友病当血液疾患・免疫疾患

対象年齢
対象範囲
18歳未満(20歳未満まで延長可) 全ての疾患群における入通院の医療費が対象

問い合わせ先 ●県健康増進課 TEL:098-866-2209 FAX:098-866-2289
各福祉保健所及び那覇市保健所